ブラック企業からの脱却

私は大学時代あまり就活を積極的に行っておらず、

金融機関ならそこそこ安定しているからいいだろうと

安易な気持ちで金融機関から内定をもらいました。

 

そして社会人生活がスタート。

金融機関などでそれぞれ支店に配属される場所が違うのですが

僕の配属されたところは全店トップクラスの厳しい支店長がいる支店でした。

 

不安を覚えながら初日を迎えると…案の定罵声怒声が1日目から飛び交っていました!

とんでもないところに入ってしまった、

この先やっていけるのだろうかという不安の中

金融機関特有のノルマが課せられます。

 

基本的には定期預金を獲得してこい。

新人の僕に頼める先なんてもちろんありません。。。

親戚に頭を下げに行くことで土日は潰れました。

 

なんのために働いてるのか…すでに嫌気が差しています。

それでもどうにかこうにかノルマをこなすことでそれでも力がついてました。

 

そんな時に支店長が交代。今度の支店長は良い支店長です。

モチベーションあげるのが上手で、段々仕事も楽しくなり成績も伸びてきました。

それと同時に仕事も楽しくなりやりがいも生まれてきましたが

そんなのはわずかな期間でした。

 

ある時全店でもずっと成績が上がらない支店に異動となりました。

そこはかなり規模も小さく成績を上げることが難しい支店でした。

そしてその時の上司が典型的なクズ野郎。

自分の成績が良いと僕をけなし、自分の成績が悪い時は仕方がないと言い訳ばかり。

顧客のクレームもかなり多くケツ拭きは部下の僕がするという

意味のわからない状況が続き完全にヤル気を失いました。

 

さらに本部から課せられるノルマがとんでもない量になり

達成しないと電話がガンガンなり

罵声怒声を浴びせられるという完全なブラック企業です。

 

僕は決意しました。転職しよう。

とりあえずリクナビネクストに登録をし電話でフォローしてくれるエージェントと面談しました。

そこでは現在の不満ということで激しいノルマと罵声怒声が飛び交う現状がきつい、

という話と私自身地元が好きなので地元に貢献できる仕事がしたいということを伝えました。

 

いくつかエージェントから候補をいただき実際に面接を受けたのは5社です。

そうはいっても金融機関で働いていたというとウケは良く

あっさり全ての企業で最終面接まで行くことが出来ました。

そして地場優良企業の製造メーカーへ転職が決まりました。

 

多少給料は下がってしまいましたが

毎日やりがいに溢れる仕事に取り組んでいますので

充実感に溢れる日々を過ごせています。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL