パワハラ上司から辞めさせてもらえず、飼い殺しにされかかった体験談

私は大学を卒業後、新卒で入社した会社で挫折して以来、職を転々としていました。

そして30歳手前になる頃には、

とうとう軽作業のアルバイトしか務まらないレベルにまで成り下がっていました。

 

弟が地方公務員として新卒以来長く勤め、結婚までしたのに対して、

フリーターを続けている私は、両親や親族、そして周囲からもバカにされ、

信頼されなくなっていました。

 

私自身、周囲からバカにされていただけではなく、

請負先の正社員からも見下された目で見られた現状に悔しさを抱いておりました。

 

ちょうど30歳を迎えた年に私は、もう一度、正社員として働き、

頑張って手に職をつけて、周りを見返してやろうと決意をしました。

 

 

◯入社して解った、会社の実態

その年の秋、私はとある金属加工会社に入社することができました。

「やる気のある奴は誰でも受け入れる」という社長の方針で、

私も面接の際、「今の現状を変えたい」と熱意を込めて訴えかけたところ、即採用に至りました。

 

そして入社当日、早速私は配属先の加工現場の上司と、初めて顔合わせをしました。

最初の印象は、言葉遣いも丁寧でしっかりとした感じで、

現場系というよりかはむしろ、事務系にいるタイプの上司という印象でした。

 

しかし、入社当日の帰り間際、定時になったので帰ろうとすると、その上司は豹変しました。

「お前、まさかこれで帰ろうなんて考えてないよな?」

何だかよく分からない私は、素直に答えました。

「定時になったので、上がろうと思っていました」

すると上司は蛇のような目つきになって私を睨みつけながら

「てめえ、ぶっ飛ばすぞ」と恫喝しました。

 

彼は「勉強」の名目だと、残業代をつけさせずに済むために、

入社当初から夜遅くまで私をこき使うつもりでいました。

この会社では、実際に定時で上がる人は皆無で、全員午前様という有り様でした。

そのような事実は、私も入社後初めて知りました。

 

また、入社希望者を誰でも受け入れるのは、あまりにも離職率が高いためであり、

その原因として長時間労働と、そして上司のパワハラがあったのでした。

 

 

◯危うく上司の奴隷にされかかった、孤立無援の日々

入社日翌日から早速私は、上司からのパワハラを受けることとなりました。

彼は、私の仕草から言動に至るまで、難癖つけては私を暴言で罵倒しました。

あえて彼は、私が作業している背後でプレッシャーをかけて、私がミスするように誘導していました。

そして彼が望んだ通りに私がミスすると、また彼は私を罵倒しました。

 

1日の間に、このようなことが幾度となく繰り返されるため、

私は程なくしてこのような環境に耐えられなくなり、上司に対して退職を申し出ました。

 

ところが、上司は私が退職を申し出ると

「お前は自分を変えたいんじゃなかったのか?」などと、

私が面接時に言ったことを引き合いに出して、私を引き留めようとしました。

そのときになると、彼は私を叱咤激励し、私もそこでつい

「上司は自分のためを思って厳しくしているんだ」

と思い、退職を撤回してしまうのでした。

 

しかし、それが上司のサイコパス的な手口で、仕事をさせると罵倒し私を否定して追い詰めて、

いざ辞めようとすると引き留めて、天邪鬼のごとく私を苦しめることを楽しんでいたのです。

 

親しい友人に相談しても、いざという時は薄情で、他人事のようにあしらわれ、

やむなく両親に「もうこのような毎日には耐えられない」と訴えかけたものの

「根性がない」の一言で片付けられ、孤立無援の状態に陥りました。

 

 

◯もはやバックれるより他はない

当時私は、実家で親と同居しており、長く通いやすいように、

実家近くの会社を選びましたが、それがさらに上司にとって私の弱みとなりました。

上司は、私の実家まで出向き、いかに私がどうしようもない人間であるかを、私の両親に訴えかけました。

そして上司のもとで預かれば、立派に立ち直らせることができるとまで喧伝し、

私の両親はすっかり、その上司に取り込まれてしまいました。

 

幸い、私の弟が話を聞いてくれて、私は出社せずに弟夫婦の家にてしばらく匿ってもらうことになりました。

私が出社しなくなると、上司は毎晩のように実家へと怒鳴り込みに来たそうですが、

両親が警察に通報して、上司は交番に連れて行かれました。

その後、上司の怒鳴り込みはなくなりました。

 

会社はクビ扱いにはなったものの、改めて再就職先を見つけて、

ようやく安泰の日々を過ごすことができるようになりました。

 

 

◯自宅から近すぎる職場は退職に不利

自宅から近すぎる職場は、職場の人間が容易に自宅を訪れやすいので、

いざ職場でトラブルに見舞われて退職を余儀なくされたときには、不利になりがちです。

 

私のこの体験のように、パワハラする上に非常に粘着質な上司の下についたら、

すぐに自宅まで怒鳴り込まれて、家族まで被害を被るリスクが高くなります。

やはり退職時のリスクを考えて、自宅から離れた場所の職場を選んだ方がよろしいかと思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL