コスメ関係の仕分けの仕事を一日で辞めた事

私はコスメ関係の仕分けの仕事を一日で辞めました。

それまでは宅配便の仕分けの仕事をしていたが、最近になって物量が少なくなりました。

そこで新しく見つけたコスメ関係の仕事は宅配便の仕分けの仕事と似ていると聞いたので、

とりあえずチャレンジしてみようと思いました。

 

しかし実際行ってみると、宅配便と同じやり方で番号を見て仕分けの仕事も行いました。

しかし以前の宅配便の仕事よりも約束事が多かったです。

そしてピッキングの仕事も覚えなければなりませんでした。

 

私はそのピッキングの仕事はどうしても覚えることができず、

現場の人も堪忍袋の緒が切れて結局オリコンの選別という雑用に回されました。

 

現場の人には「あなたはピッキングができないので、このような雑用に回したのだから、

せめてこの仕事だけでもきちんと行ってもらいたい」と言われました。

とりあえずはその日はどうにか業務を終えました。

 

女性の人は仕分けよりもピッキングの作業が主体です。

そのピッキングの仕事ができないと言われたことを考えると、

これから先はこの仕事は無理だと思いました。

 

それに場所が遠くて、集合場所まで1時間かかり、

それから車での送迎でさらに1時間ぐらいかかります。

とにかく通勤だけでも多くの時間を要し、

まして車の中での1時間はほんとうに体力を消耗します。

仕事に入る前にすでに体力を消耗している状態ではお話しになりません。

 

それだけでなく、集合場所までの交通費が往復800円以上かかり、

おまけに交通費も出ないので1時間分ただ働きという状態です。

このような悪条件が重なる中、

この仕事を続けるには本当に困難を感じて退職することにしました。

 

退職して収入が減り、おまけに宅配便の仕事もいつ復活するかわかりません。

それでもストレスをためて働くと体を壊したりしてリスクも大きいです。

まして現場の人にこの仕事は向かないと言われたこともよく考えるべきであり、

これから先、その現場に行っても居所はないと思います。

その日だけはとりあえず、オリコンの選別という仕事を与えてくれたのだと思いました。

仮にこの仕事を続けるとなると、体力的な要素はもちろん、精神的にもおかしくなりそうです。

本来ならば毎週月曜日にその仕事に行く予定でしたが、

月曜日が近づくにつれて気分的にだんだんと落ち込み、

そのことばかり考えて人生そのものが暗くなるのは、火を見るよりも明らかです。

収入が減り、宅配分の仕事の復活の目途がたたないという不安定な条件が重なる中でも、

心の平安の方が大切だと思いました。

 

おまけにこの新しい仕事を続ける他のデメリットは拘束時間が長いので、

余分なお金を使うことです。

交通費も自腹ということを考えると出ていく額もそれなりにあります。

 

それらのいろいろな条件を考えると、

将来に不安を感じても思い切って退職して

心の平安を保つことの方を重視するという結論に達しました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL