やる気満々で行ったのに3ヶ月で辞めた理由

正社員採用を、パート週4勤務にしてもらい採用された大手企業での事です。

設計職で、パート勤務だったのですが長期で3年以上続けるつもりで入社しました。

しかし、私は女で部署には上司を含め全員男の方だったので

日々仕事終わりの飲み会や昼食を一緒に食べに行ったり、

そのせいか仕事中も議論や質問もし易い

仲のいい部署だったのですが事件が起こりました。

 

日々の業務の中で、課長と先輩がやたらと親切にしてくれていてお土産やおやつや、

混詰めて業務をしていると休憩がてら話しかけてくれたり、

カフェに連れ出したりしてくれ気を使ってくれていると思っていました。

 

入社1ヶ月ほど経ち会社から異例のパートに会社用携帯を私に支給されることになったときから、

先輩からプライベートのラインが入ってくるようになり仕方なく返していました。

すると、電話が頻繁にかかってきたり昼食に二人で行く回数も増え

部署に先輩が私に好意をもっているという噂が立つようになりました。

ですが先輩は30歳も上の方、みんなも冗談半分でした。

 

ある日の飲み会、先輩は来ず課長は酔っぱらってしまい

常に私を隣に座らせ頭を撫でまくったり肩をくっつけて密着してきてセクハラが発生しました。

驚いたことに、そこには部長も同席しており

笑いながらラウンジ状態だねと写メを撮り止めようしませんでした。

そこから、課長を信用できなくなり周りの人間にも不信感を持つようになりました。

 

さらにそれを聞いた先輩は、追い打ちをかけるように

会社にいるときは私が休憩に買い物へ出る時も帰る時も

一緒に付いてくるようにまでなり耐えれなくなりました。

これが、退職を決意した理由です。

 

しばらくは、もったいないし我慢しようと自分に言い聞かせていましたが

社会的節度の無い上司の中で食い下がって仕事をするほど

自分はできない人間なのか、悔しくないのか、

すがらなくてもスキルを発揮できる場所は必ずあると思い

揉めるのが嫌だったのでセクハラの事は伏せたまま自己都合で退社しました。

 

その後も、先輩から仕事見つかるまで家政婦をしないかと電話が掛ってきて

着信拒否にしましたが本当に退社してよかったと思っています。

 

決心までは、勇気も自信もありませんでしたが

自分で自分の価値を認めないと状況を打破できないと友人に言われた事で目が覚めました。

 

私の場合は会社に在籍していると、どうしても洗脳されていく部分があり

周りに相談する事で多くの視点から見て問題点を指摘してもらい、

改善するための作戦も一緒に考えてもらえました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL