傷病手当金を受給する方法

傷病手当金を退職後も受給し続けるには、

退職前から受給を開始しておく必要があります。

 

そのためには、色々と面倒な手続きが必要で、

よくわからずに日々を過ごしていたら、

受給資格を失うことにも繋がりかねません。

 

つまり、知っている人知っていない人では、大きな違いが出てくるということです。

 

しかし、病気や怪我のために休養が必要な人には、その手続き自体が難しいこともあるでしょう。

 

私自身、会社に勤めている間に「うつ病」を発症し、

しばらくは傷病手当金を頂きながら休業していました。

しかし、なかなかうつ病が改善しないために、会社を退職することになった時、思ったのです。

そういえば、会社を退職してしまったら、傷病手当金はどうなってしまうのだろう?

会社に在籍している時は、会社が傷病手当金の手続きも全てしてくれていました。

でも、会社を辞めた後どうすればいいのか、会社は教えてくれませんでした。

 

貯蓄がそれほどあるわけではなかった私は不安にかられ、

さらにうつ病が悪化するという悪循環に陥ってしまいました。

 

そんな時に知ったのが、傷病手当金を受給する方法の存在です。

 

「傷病手当金を受給する方法」は、主にうつ病の人を対象にして書かれていますが、

もちろん、それ以外の病気・怪我の人も対象になっています。

 

病気や怪我で働けない間の生活費には、傷病手当金の他には、

退職金や失業保険が考えられますが、どちらも、よほど長期間勤め続けていた方でもない限り、

金額も受給期間もたかが知れています。

 

家族を支えている人であれば、一家の大黒柱である自分が

経済的に自立できていないと、かなり焦りを感じてしまうことでしょう。

 

安心して、休養に入るためには、絶対に必要とも言えるのが傷病手当金なのです。

それに、傷病手当金を受給していても、失業保険を満額受け取ることも、実はできます。

その方法もマニュアルに記載されています。

 

ちなみに、病気や怪我で休業とは言っても、必ずしも入院している必要はありません。

医師の指示があれば自宅療養でも、通院でも大丈夫です。

風邪をこじらせてしまったり、インフルエンザになってしまったり、

個人的な旅行でケガをしてしまったり等、

それほど大きな病気や怪我でなくても、傷病手当金を受け取ることはできるのです。

 

つまり、傷病手当金は、誰にでももらえる資格があるということです。

 

 

「傷病手当金を受給する方法」には、手続きの不安を一切抱えることなく、

現在の給与の3分の2の金額を、1年6ヶ月の間、

確実に受け取り続けることができる方法が記載してあります。

 

 

さらに「傷病手当金を受給する方法」の良いところは

傷病手当金の受給方法だけでなく、何度でも無料でサポートしてくれる、

完全メールサポートの特典があることです。

 

傷病手当金が無事に受給できれば、例えば、受給金額が20万円の場合、

1年6ヶ月間受給するとすれば、総額で360万円受け取れることになります。

マニュアル代の元は簡単に取れるはずです。

 

手順がよくわからず、自分で手続きを進めて、

「気が付いたら傷病手当金の受給資格を満たしていなかった!」

ということになっても、誰も責任を取ってはくれません。

 

確実に傷病手当金を受給したい人にオススメなのが、「傷病手当金を受給する方法」なのです。

傷病手当金を受給する方法

 

私自身、このマニュアルのおかげで、

1年6ヶ月の間、安心して療養生活を送ることができました。