総務・経理だったのに知らなかった傷病手当金

私は以前働いていた会社で総務・経理をやっていました。

上司もいたのですが、いまいちかみ合わなく、ほとんど1人経理状態でした。

それでも常務が評価してくれていたので、伝票処理の量が増えても、

パートの方が50人くらいいるタイムカード計算も一生懸命やっていました。

 

中小企業だったので不況の現在、一つの課を無くすことが決まりました。

そこにいた課の人はリストラです。

通告は上司がきちんとやってくれていたのですが、

ハローワークに出す離職票の判子を貰う手続きを、

役職のない一般社員の私がやることになりました。

当然場の雰囲気は、最悪です。

「なんで、俺がリストラなんだ」「おかしい」など、沢山の愚痴を聞き、申し訳ない気持ちになりました。

 

会社自体もバタバタしていたので、毎日通帳を見ながら給料日にちゃんとお金払えるのかなと悩みました。

資金繰りが上手くいっていなかったのです。

上司はちゃんと分かっていると思いきや、全然分かっていない。

どうしたらいいのか、わからなくなり。

何故、私が追い詰められているのだと悩みました。

 

そして決算期に本社の移転。

この頃になると、何をやっているのかさえ分からなくなり、支えだった常務も辞め、私の評価も下がりました。

どんどん心が病んでいきました。

とうとう、会社に行けなくなり、うつ病という診断が下りました。

 

私は3カ月会社を休んでいましたが、現状の会社での復帰は難しいということで、退職することになりました。

そこで「傷病手当金」に助けてもらいました。

有給消化後から数えて連続して3日間休み、その後の4日目以降から貰えます。

社会保険、今の教会けんぽに入っていたので、最長で1年半貰うことが出来ます。

ただし、あくまでも働くことのできない状態じゃないといけません。

 

最初の申請は会社で取引している専門の方にやっていたので、苦労はありませんでした。

その後は自分で、申請に行きます。

毎月、担当の医師に書類を書いてもらい、協会けんぽの事務所に提出に行きます。

幸い、私の通っている病院は傷病手当金の書類を100円の負担で書いてもらえたので金銭面で助かりました。

書き方が分からない時は、その事務所の方が教えてくれますし、

前月のコピーを取るようにすると次月は楽に書けます。

 

ハローワークにも診断書を提出しなければなりません。

離職票、失業保険の貰える期間は1年以内と決まっているからです。

必ず、医師にこういう状態で働けないという診断書と離職票をハローワークに提出します。

この診断書の金額は、高かったです。

 

ある程度の稼ぎがあれば、それなりの金額を貰えるので金銭的にも、精神的にも安定した生活を送れました。

でも心のどこかで「みなさんの働いた税金で生きているんだよな」と後ろめたい気持ちが、常にありました。

 

うつ病は1年弱で、働けるくらい良くなりました。

でもどういった職業についていいか分からなかった時期もあります。

そこで資格を取るために、職業訓練を受けることにしました。

「職業訓練は、働ける状態とみなされる」ので、ここで傷病手当金は打ち切りになります。

 

1年間、傷病手当金にお世話になりました。

ハローワークに医師の診断書を提出し、再出発しました。

それでも職業訓練中に、またうつ病の症状が出て断念。大した重い症状ではなかったので、

パートから初めて、仕事をしています。

うつ病で通院している状態なので、治っていない中の就職は大変です。

でも無理は絶対しない生活を続けています。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL