社会人になって初めての傷病手当

社会人になって3年目になりました。25歳の女性です。

新卒で入社した会社を2年程勤めて転職をしました。

前職では休日が少なくサービス残業は当たり前という環境で、

自分の時間が欲しいと思い労働条件の整った会社へ転職しました。

 

転職先に入社した当初は、完全週休二日で定時上がり、

前職よりも自分の時間を持てるようになりとても嬉しかったです。

今まで断っていた友人の約束や、行ってみたかったイベント、時間を気にせずに過ごせるようになりました。

 

ところが、入社して1か月が経過した頃、50代の男性社員からセクハラを受けるようになりました。

上司にその旨を相談して一時収まったのですが、2週間もしないうちにまたセクハラを受けました。

これ以上我慢出来ないので改善の相談をしたのですが、辛さを理解してもらえず、遠まわしに断られました。

私自身も入社したての立場で強く言えず、我慢することにしました。

 

我慢し続けてから1か月、通勤中に「会社に行きたくない」と思うようになりました。

「行かなきゃ」という気持ちはあったのですが、

体調を崩しているわけでもないのに通勤中に吐き気がして、夜は眠れなくなりました。

病院に行ったところ心療内科を勧められ、心療内科へ受診し薬を処方されました。

心療内科へは初めての受診だったので緊張したのですが、医師の方は真剣に話を聞いてくださいました。

薬を服用しても会社に対しての嫌悪感は変わらず、抑うつ状態と診断され、

気持ちを休めた方がいいと休職の指示を受けました。

 

休職指示を受けて気になったのが給料。

私は実家を離れ一人暮らしをしている身だったので、生活費の不安がありました。

この時に初めて傷病手当について詳しく知りました。

今までは「怪我をして仕事ができなくなったら貰える手当て金」

というように文字通りの内容くらいにしか認識していませんでしたが、

私のように抑うつ状態と診断された、精神的なものでも手当を受け取れるということを初めて知りました。

 

傷病手当は会社からではなく保険から引き落とされるもので、

全額ではありませんが給料の2/3を受け取れます。

また、休職期間が短くなる可能性もあるので、

事前申請ではなく事後申請(休職してから1か月経過したら申請)というのも初めて知りました。

今までは傷病手当は縁がないと思っていましたが、

実際に申請する立場になって初めてそのシステムを詳しく知りました。

休職になった直前は金銭面の不安はありましたが、

傷病手当が受け取れると説明を受け安心して療養することができました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL