派遣社員でも貰えた傷病手当

結婚してから派遣社員で某外資系企業で事務をしていました。

机はパーテションで区切られていてプライバシーもあり

派遣でも割と責任ある仕事を与えれていました。

 

働いて2年して妊娠した時のことです。

派遣なので契約期間というものがあるので、

次の契約で更新せず辞める手続きをとりました。

 

といっても、あと3か月妊婦さんで働くことにしていました。

辛いつわりも仕事に行くと不思議と症状がなくなるので

働き続けて妊娠7か月いかにも妊婦さんという体型になりの安定期の頃、

妊婦健診で「子宮頸管が短くなっていて、このままでは流産の可能性がある、

なるべく自宅で安静するように」ということで「切迫流産」ということになりました。

 

医学的な専門知識はないのですが子宮警官の長さがふつうは5ミリ以上あれば安全だけど、

私はその時3.5mmであと0.2mmで入院になるらしいです。

そんな1ミリ以下の話でと思ってビックリして上司に相談したところ、

女性で流産経験があった方なので、すぐさま休むことになりました。

 

経過をみてから、次の引継等行うことで、

時々自宅でメールをチェックするように言われました。

そして、安静生活が始まり自宅で寝てテレビを見てと

なまけもの的治療?を行っていた時です。

 

派遣会社から電話があって、医師の診断書を提出するように言われました。

切迫流産になってから唯一の外出が病院だったのでお医者さんに言って書いてもらい提出しました。

自分の中では、それは突然の長期休みの届けみたいな感覚でしたが、

その後傷病手当の手続きの話になって正直驚きました。

派遣だったので、そんな手当があることを全然知らなかったからです。

 

いろいろ書類を書かされたり、派遣の健保組合との電話連絡で症状の確認等もしました。

契約ではあと2か月働く予定が、結果的には引継等も含めて

数時間程度で10日行ったくらいでしょうか?

健康だったら働いていた時間と持っていた有給と手当がついて40万近くもらえたのでびっくりしました。

また、傷病手当とは違い、その後出産一時金もいただけたのでまるで退職金をもらえたような感覚です。

 

結果的に流産もせず、安静生活3か月で子宮頸管の長さも

正常な5ミリまで回復して臨月まで安定した状態で無事出産できました。

 

安静の妊婦さんだったせいか?

傷病手当事態の手続きも、電話や書類やメールとそんなに負荷もなかったです。

何かの時に備えて派遣社員でも派遣用の厚生年金基金や健康保険組合に加入していたものの、

そんなありがたいものが貰えることを知らなかったのでラッキーに思えるくらいでした。

無事出産できたからだと思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL