妊娠でも傷病手当金がもらえる!

私は妊娠中に6ヶ月間、傷病手当金を受給していました。

 

妊娠は病気じゃないと言われたり、

私の時はこうだった、そんなはずはない。

などと言われていませんか?

 

仕事に行けない状況でも生活を考えて、無理に仕事に行ったり、

傷病手当てを申請できるかわからずに悩んでいる方はいませんか?

 

妊娠中でも、切迫早産や切迫流産、その他仕事に行けない状態になった時に、

手続きを踏めばできるんです!

 

私の場合、妊娠発覚時点から切迫流産・切迫早産と言われ続け、

妊娠4ヶ月~出産までずっと自宅安静で、そのうち2ヶ月入院でした。

 

診断書をもらい、職場へ休むことを伝えましたが、

傷病手当てについては何も言われずに、無給の休職になるから、とだけ言われました。

 

無給だからどう生活していこうか、社会保険は引かれるので請求は来るし、

辞めてしまおうかと暫く悩みました。

 

しかし、辞めたところで国民健康保険はかかるし、年金もあるし、

各種手続きの山が待ち構えています。

それに、私の場合は退職金もでない。

 

悩みながら、インターネットで検索してみると

妊娠でも、条件を満たせば傷病手当金を受給できるとあったため、

すぐに職場へ電話をして、手続きに移ることにしました。

 

その際の問題点は、職場によって違うかも知れませんが、

私の職場だと、

有給が残っていた場合は使いきってからが対象になること。

毎月申請するわけではないので、その期間が結局無給であること。

休職扱いになるため、社会保険料が職場から請求されること。

申請などの手続きの度に職場へ顔を出さなければならないことなどでした。

 

受給中の生活は、普段通りでしたが、節約は必須でした。

結局、傷病手当金は給料の全額が入るわけではないですし、

私は2ヶ月に1回のペースで、申請書類を出していましたが、1週間は入金までにかかります。

その期間にも、マイナスのついた給料明細が送られてきて、社会保険の請求がきました。

 

さらに、妊娠中となると、妊婦検診でお金がかかることと、

切迫流早産であるが故に頻繁に受診しなくてはならないため、

出費も多く節約しないと厳しい状態でした。

 

申請期間は約6ヶ月で、申請回数は3回、入金は2ヶ月に1回の状態で、

受診回数ははかり知れませんでした。

 

しかし、私の場合はシングルマザーで、

相手にお金を請求することができる状態でも無かったため、

辞めてしまえばその先就職が困難になる可能性も考えて、申請をしていました。

 

人によっては、退職して退職金を貰ったりした方が

金銭的には余裕があり良いと言う方もいるかも知れませんね。

 

回復後の復帰に関しては私の職場はとてもスムーズでした。

いつから仕事に復帰できますから宜しくお願いします。

と伝えると、

では、部署に伝えておきます。

と言う感じで、最後の申請書類を提出して終わりでした。

 

その点に関しては、私はそのまま産休・育休だったこともあるからなのかもしれないので、

参考になるかはわかりません。

 

このような経験から、悩んでいる方がいるのなら、

自分の社会保険組合などのホームページを見て、

自分が対象になるのであれば申請すると良いのではないかと思います。

 

インターネットでも、自分の基本給に対して

どのくらいの金額が振り込まれるのかを計算してくれるサイトもいくつか存在するようですので、

ある程度の金額を想定し、数ヵ月に1回の振り込みでも困らないよう、

生活基準を考えておくとスムーズに困らず生活できるかと思います。

 

また、その時に退職した方が良いのか、

申請して復帰した方がいいのかを、

しっかり悩んでおくことをオススメします。

 

復帰したあとすぐに退職となると、休職期間は勤続年数に含まれないので、

退職金の計算にも含まれません。

そして、復帰としてからの退職となれば、職場にも良い顔されず、

いずれ戻ることは不可能に近くなるかとおもいます。

 

さらに、辞めてしまえば、回復後の病み上がり状態で仕事を探し、

就職活動をせざる負えない状況にもなりかねません。

 

このような感じで、傷病手当金のメリット、デメリットについてなど、

私なりにまとめてみたいと思います。

 

 

[傷病手当金のメリット、デメリット]

・メリット

回復後、仕事に困らず就職(復帰)することができる。

社会保険に加入していることができる。

ボーナスは職場から入ってくる。

数ヵ月に1回でも、定期的に金銭が入ってくる。

 

・デメリット

退職金を貰った方が金銭的には良い場合がある。

職場環境によって、復帰しにくい場合がある。

有給を使いきるため復帰後に有給がない。

手続きの度に職場へ顔を出さなくてはならない。

 

私の場合気になったのはこのような点でした。

傷病手当金については沢山の人が受給していて、

理由や申請についても様々だとは思います。

 

意外と身近にも申請したことのある人がいたりするので、

沢山の意見を参考にするといいのかな。と私は思います。

 

今回の私の記事が、皆さんの傷病手当金についての考えに繋がれば嬉しいばかりです。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL