傷病手当金を受給する方へのアドバイス

私が傷病手当金を知ったのは、自分自身がうつ病になったことがきっかけでした。

 

労務管理の仕事に携わっていたので申請することができましたが、

まず、傷病手当金は自分で会社に申請しなければ会社が勝手に支払ってくれるものでは無いので、

業務以外で病気になったときは傷病手当金が受給できるという知識がなければ

本来もらえるものがもらえない状況になってしまう手当です。

 

各会社の健康組合によって受給の形が異なりますが、

傷病手当金を受給できるまでの流れは、

まず3日間の待機ができて4日目から手当の対象になり、

療養中の生活保障として給料の約3分の2が最長で1年6ヶ月受給することができます。

 

まず、自分自身が受給できる条件に当てはまっているか確認することも大切です。

①、被保険者本人が業務以外で病気や怪我によって仕事につけない状態。

②、3日間連続して休んでいること。

③、療養中、休職時に給与を支払われていないこと

など以下の3つの条件に当てはまっていなければ受給することができないのです。

 

これらを満たした上で初めて受給できるという感じのとってもめんどくさい手当なので、

スムーズに受給できるコツとしては、

まず、休職をした際にはすぐさま会社に傷病手当金を請求したいと伝えることです。

この申請書が届くのが遅くなることによりどんどんもらうのが伸びてしまいます。

 

傷病手当金の申請手順としては、傷病手当金の申請書式は、健康組合によって異なっており、

自分が加入している健康組合を調べる必要がありますが

会社の人事担当の人に相談すれば、その健康組合の書式の紙を送ってもらえると思いますが、

自分で申請する場合はHPで印刷する必要があります。

 

申請書には自分が書く欄会社が書く欄医師が書く欄があります。

会社記載部分は、受給のための3つの条件のうちの4日以上仕事を休んでいることや、

療養中に給料の支払いが無いことを会社に証明してもらうものです。

 

医師に記載してもらう部分については、

病名を診断した主治医に記載してもらう必要があります、

受給3つの条件のうち業務外の病気やけがのため治療中であることを証明してもらうためです。

また、医師の療養を指定した日付は、自分が記載する療養開始日を合わせる必要があります。

 

それらがすべて揃ったら健康組合に提出します。

通常、会社から健康保険に提出してくれることが多いですが、

自分で直接健康組合に郵送しても大丈夫です。

 

初回受給の場合は会社を通したほうがスムーズに受給することができます。

申請をしてから受け取るまでにはだいたい1ヶ月程度かかるので早め早めが肝心です!

 

申請が通ったら支給開始日から最長1年6ヶ月間が原則です。

自分が会社を休み始めた日から数えるのではなく、

3日間の待機期間が終わって傷病手当金の対象となった日から数えて1年6ヶ月です。

たとえ入社後1週間で病気休職することになっても、傷病手当金は1年6ヶ月支給されます。

パートや契約社員であってもその会社の健康組合に加入していれば受け取ることができます。

 

 

傷病手当金の注意点

傷病手当金を違う病気で2回申請するのには、さまざまな注意があります、

1回目の病気と全く異なれば申請が通る可能性があるのですが、

病気には何度も同じ症状が出る場合も考えられます

 

私自身もなったうつ病などの精神疾患です。

精神疾患で1回目に傷病手当金を受給していて、

その後1年6ヶ月の途中で転職して一旦受給をストップするということがでることもあります

 

その後転職後や何年後かに同じ精神疾患を発症した場合

申請が可能なケースは

1回目の受給から1年6ヶ月以内の場合

1回目と2回目では同じ病気として扱われるので

1年6ヶ月から1回目の受給期間を引いた残りが今回の受給期間とされます。

 

1回目の受給から1年6ヶ月を超えている場合は、

社会的治癒をしていない場合、

1回目と2回目は同じ傷病と判断され受給できなくなってしまいます。

 

 

社会的治癒とは

その精神疾患で通院していない場合

就業をしている場合

傷病が固定化し、医療行為を受けていない場合

などの条件がありますが、

すべて決めるのは自分が加入している健康組合が決めることなので

健康組合に任せるしかありません。

 

 

自分の経験上、体調が悪いときに経済的に苦しくなることは

とても辛く悲しいという事をよくわかっているので、

迷わず傷病手当金をを申請することをおすすめします。

 

また、一人で悩まずすぐに会社の上司や人事部、公的機関に相談したり、

大きな病院では社会保障に詳しいソーシャルワーカーさんなどもいるので

そういう人たちに手当のことなどを聞いて経済的に困らないようにしておくことが大切です。

 

傷病手当金をしっかり受給することができれば、通院のお金のことへの不安もなくなります。

私自身もゆっくり好きなふうに過ごすことができました。

 

また、日頃から会社の規程や自分の加入している健康組合を確認しておいたほうが

本来もらえるはずだった物が、自分の知識不足でもらえなかった

という事を防ぐことが出来ると思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL