傷病手当金の申請について

私は特に今まで怪我も病気もなくバリバリ働いていたのですが、

妊娠をきっかけに傷病手当金を使うことになりました。

 

妊娠をして喜んでいたのも束の間で、

次の週にいくと心音が聞こえないと先生に言われ、

その次の週も病院にいくことになりました。

 

結果的には胎児が育たず、”稽留流産”となったのですが、会社にもそのまま出勤していました。

特に今すぐどうにかなるわけではなかったのですが、

このままほおっておくわけにも行かないので、手術が必要でした。

 

毎日会社に出勤しても、赤ちゃんが育たなかったことを悔やんだり、

どうしてなのか自分を責めたり、

手術なんて絶対にしたくないことばかりを考えて

会社で仕事するどころではなくなり、

ある日上司に体調が悪いからと帰らせてもらったその日に事情を説明して

その日から休ませてもらうことにしました。

 

病院に行って事情を説明すると、すぐに診断書を書いてくれて、

実際そのような精神状態だったら少し休んだ方がいいとのことでした。

 

私の場合は、どちらにしても手術をしなければいけない日が決まっていたので、

上司には2ヶ月くらい休ませてもらえば復帰できると伝えました。

 

それから家での生活が始まったのですが、

特にいつも寝ていなくてはいけないわけではなかったので、

読書したりテレビを見たり、ずっと家にいると煮詰まってしまうので

近くの大きな公園に散歩することが日課となりました。

 

特に手術をするという点が一番気になっていたので、

妹や旦那さんの家族にお医者さんがいたので電話をして自分がどういう状況か確認したり、

話すことでストレスを発散するというような毎日でした。

 

そんな時に妹と電話をしていて、

妹が「そんなに長く休んでいるんだったら、傷病手当金を申請した方がいいよ」

と言われ、傷病手当金について調べてみることにしました。

 

まず会社に連絡をとり、上司とメールで相談したら、有給を使った方がいいよ

という簡単な返答だけでした。

 

これだけでは全然不十分だったので、人事にメールで連絡をとり

傷病手当金について教えて欲しいと伝えたら、

やっとあなたは傷病手当金を使うことはできます。

との回答でした。

 

ただ傷病手当金を使うには、

有給休暇ではなく欠勤することになり、

その欠勤でボーナスから欠勤分のお金が引かれることや

退職金も引かれること、

社会保険料がかかること

などデメリットばかりを並べられ、

傷病手当金を使って欲しくないのは明らかな文面でした。

 

私は正直この会社でものすごくストレスを受けて、

最初の部署では朝8:00から夜は終電までの忙しい部署で働き、

結婚が決まってそんなところでは働いていけないと思い、

もっと忙しくない部署へ異動させてもらいました。

 

これで状況はよくなるかと思ったのですが、

慣れない上に後輩からいじめられ、やり方を教えてもらえず、

毎回全くやる気のない営業のレポートを最終的に自分がやるという

人間関係としては、最悪の部署になってしまいました。

 

残業なしで帰れる部分についてはよかったのですが、

毎日帰っては上司や同僚の愚痴を言っていないと怒りの軽減されず、

旦那さんも心配していたところでした。

なので、このような状況になってしまったのも

そもそもすごくストレスがかかっていたからだと思い

有給休暇で全て消化するなんて考えられませんでした。

 

有給休暇はそもそも社員が余暇を楽しむためにあるものであって、

働けなくなった人のための休暇ではないはずです。

 

傷病手当金病気などで仕事ができず、

給料がもらうことができないときに生活を守る制度です。

と当たり前のことが書いてあり、

どうして自分が当てはまらないのか全然意味がわかりませんでした。

 

結局それでも傷病手当金を申請したいというと、しばらく連絡がこず、

メールがほったらかしとなっていましたが、

給与計算の締め日がきたのかようやく2週間くらいたってから

やり方について連絡がありました。

 

傷病手当金については、いつもの月給の約80パーセントくらいになるのですが、

いつか辞めるときに有給を全て使い果たしたかったので、

病欠のために全て有給を使うようなことはしたくありませんでした。

 

自分で人事からその後申請用紙をもらい、それをお医者さんに記入してもらい、

申請自体は簡単で特に難しい点はありませんでした。

 

あとは結局傷病手当金を実際にお金としてもらうのは、

欠勤が終わった後の給与日だったので休んでいるときは実質無給で、

最初すぐの月は前月の給与があったからよかったのですが、

その次の月からは本当に貯蓄を崩す生活となってしまいます。

 

私は結局2ヶ月ちょっとだったので、それくらいで済んだかもしれませんが、

もしずっと入院するような生活になっていたら結構厳しいと思います。

 

本当にそれこそ医療保険にでも入っていないと、なんの補助もないので、

会社で言われるように有給休暇を全部使ったりして凌ぐしかなく

しかもいつそういうことが起こるのかは予測ができないので、

お金の面で貯蓄がないと働けないというのはすごく苦労すると思いました。

 

傷病手当金も最高一年半しか使えないことになっているので、

そのリミットが来るまで色々考えなければいけないと思いました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL