傷病手当を受給しながら亡くなったケース

私は、主人が膵臓癌で働くことができなくなったので、傷病手当を申請しました。

初めは、会社にとっても主人が初めての病欠で、どのように手続きをしていいのか、

私たち家族も会社も分かりませんでしたが、

有給休暇を消化した後に傷病手当の方に切り替えてもらいました。

 

会社は、病気を克服して、いつでも戻って来れるように籍を残してくれていましたが、

治療の甲斐もなく、主人は病気が見つかってから半年でこの世を去ってしまいました。

 

闘病生活の間のお金のやりくりがとても不安でしたが、

傷病手当や高額療養費など公的の制度がたくさんあることを知り、本当に助かりました。

 

傷病手当は、会社員で社会保険に入っているので、全国健康保険協会で手続きしました。

所得によって金額が違いますが、大体、ひと月分の給料に相当するので、

すぐに生活に困窮することはありませんでした。

振り込まれる時期も、とても早く、書類を提出して、2週間くらいで振り込まれました。

 

受給中は、入院生活も長くなり、いろいろとお金がかかりましたが、

傷病手当、高額療養費、生命保険でなんとか、生活していくことができました。

医療費はとてもかかりましたが、税理士の方にお願いして、領収書を見てもらい、

その結果、確定申告は必要ありませんでした。

 

手続きで大変だったことは、申請をするにあたって、会社と病院の証明が必要で、

転院が多かったので、どの病院に証明をしてもらえばいいのかわかりにくかったです。

一か月の間に複数の病院に入院したり、在宅に切り替えたりしたので、

自宅から遠い病院の証明を取るのが大変でした。

もう少し、簡単な手続きの仕方があれば、申請する側は助かりました。

 

主人が亡くなって、すぐに社会保険から国民健康保険に切り替えましたが、

なくった後も申請していなかった分は、遺族が申請できました。

傷病手当と一緒に埋葬料の申請もして、すぐに振り込んで頂きました。

すべてが初めての事で、病気の主人をかかえて、そして幼い子供たちの生活もあったので、

本当に短い時間で色々選択しなければいけないことがあり、あの時は泣いている暇もありませんでした。

病気を何とかしたいという思いと、もう治らないという現実を突き付けられ、本当に苦しかったです。

 

でも、公的な制度を利用しながら、なんとか、残された家族は生活してこれました。

若くしてガンで亡くなるケースは珍しいのかもしれませんが、

今は三人に一人ががんで亡くなる時代です。もう他人事ではありません。

皆さんも、日々気を付けて生活して行ってほしいと思います。

 

手続きでわからないことは、電話でもすぐに問い合わせをすることもできますし、

一つ質問した時に、他に利用できるものがないか聞いてみるのもいいですし、

病院などで相談してみると、いろいろ教えてもらえるので、

一人で悩みを抱えず、どんどん聞いてみたらいいと思います。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL