仕事を休職した場合は、必ず傷病手当を申請した方がいい

私が休職したきっかけは、人事異動で今までに経験の無い新しい部署へ異動したことでした。

業務内容やメンバーが変わり、その上無理なスケジュールと過剰な課題を突き付けられ、

上司や部署のメンバーは非協力的で1人で孤独に業務を行わなくてならなくなり、体調を崩しました。

 

病院に行き診断を受け、それでも休むことはできず、

産業医にセカンドオピニオンを受けるようにいわれ、やっと休職できるようになりました。

 

休職中はあまり職場と連絡を取りたくなかったので、職場から連絡が無かったことに初めは安心しました。

1ヶ月くらいのペースで上司と面談をするようにしていましたが、傷病手当金の話などは全く出てきませんでした。

 

休職していたので、もちろん給与は発生せず、初めや貯金を切り崩して生活していました。

そもそも私は傷病手当金というモノ自体を知らなくて、

仕事をしていないのだから給与が出ないのは当たり前、

自分が休んでいるのだから何もサポートは無くてもしょうがないと思っていました。

 

少しずつ、職場復帰をしないと生活が成り立たないという不安が出てきて、

3か月くらい経った後に早く復帰したいと思うようになりました。

しかし、主治医や産業医の了解を得ることができませんでした。

職場復帰を焦るなということばかり言われて、でも収入が無いからと私は焦り、

ますます体調の回復が遅れたと思います。

 

もし、休職スタート時や途中の面談時に傷病手当金のことを説明してもらえたら、

安心し体調の回復に集中できたのではないだろうかと、今は振り返って思います。

 

私の場合、休職し始めて半年くらいで人事部のスタッフの方に傷病手当金のことを教えてもらい、

その時点で申請し、また職場復帰した後にもう一度申請しました。

申請書類は自分で記入して、医者に記入してもらい、あとは会社の人事部に提出することで、

傷病手当金を支給してもらいました。

 

人事部の業務スピードなどによると思いますが、確か申請書を人事部に提出してから

2ヶ月くらいで指定口座に振り込まれていました。

 

申請をする際に注意しなければならない点は、

休職をし始めても初めに有給休暇を使って休んでいる場合はその期間を含めないとか、

私の場合、休職後にボーナスが振り込まれて、その期間は勤務していることと認識されてしまい、

休職期間が申請した期間より短くなりました。

 

色んな理由で休職することになると思いますが、

休職する際の心配ごとと言えば、給与が減ったり発生しなくなったりすることだと思います。

まずは回復することが先決ですが、お金のことを気にせずに回復に集中するためにも、

休職する際に必ず上司や人事部に傷病手当金のことを尋ねたり、

申請書をもらったりすることが良いと思いました。






お金の心配をしないで会社を退職して傷病手当金を受給する方法

退職後も傷病手当金を受給し続けるには、
退職前から受給を開始しておく必要があります。

傷病手当金を確実に受給したい人の為に、
複雑な手続きに一人で不安にならない為の、
傷病手当金受給マニュアルがあります。

傷病手当金受給マニュアル


退職後の傷病手当金 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL